失敗したくない20代の転職にオススメの転職サイトと転職エージェント【第二新卒にも】

Artilce Thumbnail Image

私はこれまでに20代で2回の転職活動を行いました。

20代はまだ社会人としては若手なので、転職に失敗するパターンも多いと聞いていました。

私の場合は事前にしっかりと準備をしたことで、自分のイメージと合った良い転職ができたと感じています。

そこで、22歳と25歳のときに私が実際に転職活動で利用した転職サイトと転職エージェントのなかから、厳選したオススメのサービスを紹介します。また、それらを活用したおすすめの転職戦略もお伝えします。

20代の転職で失敗するパターン

20代の転職で失敗するパターンで多いのは以下のような内容です。

  • 転職先が決まる前に今の会社を辞める
  • 転職後の具体的な成功イメージが湧いていない
  • 社風や仕事内容のミスマッチ

転職先が決まる前に現職を辞める人がいますが、これは基本的にやってはいけません

転職先の面接官の立場に立ってみれば、前職が嫌で辞めたのかなとか他の会社も回っていて、まだどこからも声がかかっていないのかなといったネガティブな印象を与えることは想像できるのではないでしょうか?
少なくとも、プラスの評価になることはまずないです。

また、転職後の具体的な成功イメージを持つことが転職を成功させるポイントになります。

例えば、現実的な理想の年収を答えられるか?仕事はどのような内容を希望していて、将来的にどういった立場になりたいのか?
こういったことを具体的にイメージして答えられるだけで、転職面接では評価が高くなりますし、転職後のミスマッチも大幅に減ります。

20代の転職になるとまだ経験が浅いことも多いため、どれくらいの年収が相場なのかといった情報も持っていないことが多いかと思います。
その場合は、転職サイトや転職エージェントに相談することで、キャリアの少なさや情報不足を補填して、ポテンシャルをアピールできるような思考に切り替えることができます。

20代の転職におけるおすすめの転職戦略

私がオススメする20代でのおすすめの転職戦略は以下の通りです。

  • 20代や第二新卒の紹介が豊富な転職サイトに登録する
  • 転職サイトで求人情報を検索し、その会社に関する情報を集める
  • 20代の転職に強い転職エージェントと、その求人について相談する
  • 転職エージェントからレジュメなどのレビューをもらい、面接対策をする
  • 転職エージェント経由でその求人に推薦してもらう

この戦略のポイントは大きく2つあります。

一つ目は、20代の転職に強いサイトを中心に有効な情報を集めることです。

転職サイトは多くの競合がひしめく業界のため、差別化を図ってサイトの特色が細分化されてきています

そのため、20代の若手向けの求人を中心に扱っているサイトを利用しないと、そもそも必要な情報に出会えない可能性があります

ぜひこの後に紹介するサイトを使ってみてください。

二つ目のポイントは、転職エージェントを通すことで、選考企業のフィルターを突破しやすくなります

20代の転職ではまだまだ職歴や経験が浅いことも多いため、履歴書や職務経験書を一般的な形で書いただけでは書類選考で落ちてしまうことが多々あります

また、転職サイトを利用する企業側の考えとして、応募者のフィルタリングに学歴や企業名を使うことがあります

つまり、転職サイト経由での応募だと機械的に落とされてしまう可能性が増えるのです。

そこで、20代の転職に強い転職エージェントに面接でのアピールポイントを引き出してもらった上で面接対策を行い、エージェント経由で推薦をもらうという戦略が有効になります。


本当に役に立つ20代向け転職サイトと転職エージェント

ここからは、実際に使ってみてオススメの転職サイトをご紹介します。

特に、20代で初めて転職するのであれば、登録必須とも言えるサイトになります。こちらのサイトで自分が興味のある分野の求人を探しつつ、現在の自分の転職市場価値を確認してみましょう。

キャリトレ

キャリトレ

【公式サイト】https://www.careertrek.com

キャリトレ』は20代や30代の若手に特化した転職サービスです。

20代や30代向けに特化しているので、採用側の要件とマッチしやすいのが売りです。

特徴的なのは『レコメンド機能』で、興味のある企業を選択していくだけで、相性のいい企業からスカウトが届くようになります。

大手企業や有名ベンチャーまで幅広い求人を扱っているため、とりあえず登録しておいて情報収集をしたい、といった要望にも答えてくれます。

利用料金は全て無料で、登録も非常に簡単です

登録はこちらから(公式サイト)

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

【公式サイト】https://doda.jp

dodaエージェントサービス』は転職サイト『doda』を運営しているパーソルキャリアが手がける転職エージェントサービスです。

20代向けの求人も豊富で、大手はもちろん、ベンチャーから外資系企業の案件もたくさん紹介してもらえます。

『doda』は業界大手のサイトでもあるので、なるべく多くの求人を確認することもできますし、エージェントからの推薦も種類が豊富です。

サイトとエージェントの両方に登録して利用するのが得策でしょう。

登録はこちらから(公式サイト)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com

リクルートエージェント』は転職エージェントの業界No.1のサービスです。案件の質と量の面でみても、登録は必須のサービスと言えます。

リクナビNEXTの案件と連携しているので、そちらで求人を探しておき、エージェントに相談するというのが王道の流れになります。

「第二新卒特集」などで求人がまとめられていたりするので、そちらの案件から探すとエージェントとの相談もやりやすくなります。

エージェントの質はやはり高く、年収アップの交渉なども強いイメージがあります。業界最大手の交渉力を生かしてくれるので、エージェントはどんどん使い倒した方が良いです。。

登録はこちらから(公式サイト)

実際に使って良かった20代向け転職エージェント

上記で紹介したサイト・エージェントに加えてオススメする転職エージェントを紹介します。

エージェントごとに扱っている求人が異なるので、なるべく複数のエージェントを利用することで選択肢を広げましょう。

多くの案件を横串を通して眺めてみると、求人ごとに相場がわかってくるようになります。

type転職エージェント

type転職エージェント

【公式サイト】https://type.career-agent.jp

20代の転職でよく利用されているのが『type転職エージェント』です。

案件は少ないですが、その分エージェントが割いてくれる時間も多い印象です。また、独占案件も結構あります。

エージェントは若手が多く、年代も近いので話しやすさがあります。面接対策なども気軽にお願いできるので、ぜひ登録しておきましょう。

一つ注意点として、求人は関東圏が中心になるので、地方での転職を考えている方は他のエージェントに相談すべきでしょう。

登録はこちらから(公式サイト)

Geekly

Geekly

【公式サイト】https://www.geekly.co.jp

Geekly』はベンチャー企業やIT系の企業の案件に強いエージェントです。

もともとベンチャーやIT系の企業は年齢や経験年数の少なさに寛容なので、20代向けの求人も豊富です。

ベンチャー企業は資金調達の状況などによって転職後の年収が低くなったりすることもありますが、Geeklyのエージェントは年収アップの交渉に強く、求人の質も高い印象を受けました。

ベンチャー企業やIT系企業を受けるならぜひ相談してみましょう。

登録はこちらから(公式サイト)

パソナキャリア

パソナキャリア

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp

パソナキャリア』も大手のエージェントで、豊富な求人数を誇ります。

エージェントからも的確かつ幅広い提案が多く、忙しい方でも自分のニーズにマッチした案件を探す手間があまりかかりません。

転職情報を集めるサイトとしても優秀で、勤務地や保有資格からも絞ったりすることができるので、登録しておいて損はない媒体といえるでしょう。

求人の内容も、大手企業からベンチャーまで、本当に幅広い案件を保有している印象が強いです。

登録はこちらから(公式サイト)

転職の情報収集におすすめの20代向け転職サイト

20代の転職時に実際に使ってみてオススメする転職サイトを紹介します。

まだ若手のうちの転職は、キャリアについてしっかりとアピールするために転職エージェントを使うのは必須と言えますが、転職サイトにも登録した上で、転職市場全体の相場観などを養うことで年収の交渉力が高まります。

転職サイトには多くの種類がありますが、オススメのサイトを厳選したので、こちらには登録しておくと良いでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

【公式サイト】https://next.rikunabi.com

リクナビNEXT』は、「第二新卒特集」が組まれるなど、若手向けの案件が非常に豊富な転職サイトです。

20代の転職だと第二新卒扱いになることが多いので、こちらの求人案件は絶対に確認しておくべきです。

すでにご紹介しましたが、『リクルートエージェント』と併用することで、多すぎる案件から最適な求人を見つけでしてもらいましょう。
スカウトメールなども届くことがありますが、エージェント経由で相談・精査するほうが確実だと思いました。

エージェントの質も高く、20代の転職案件にも慣れているので、特に初めての転職の方はわからないことはなんでも質問しましょう。

登録はこちらから(公式サイト)

doda

doda

【公式サイト】https://doda.jp

doda』も大手の転職サイトです。最近はCMも積極的に展開しているので、求人数を増えている印象があります。

こちらのサイトにも当然、大手企業からベンチャー企業まで数多くの求人がありますが、20代向けの案件の絞り込みが少しやりづらいので、『dodaエージェントサービス』と併用するのがオススメです。

dodaとエージェントサービスは連携しているので、スムーズに案件紹介まで行ってくれます。

登録はこちらから(公式サイト)

AMBI

AMBI

【公式サイト】https://en-ambi.com

AMBI』の特徴は、若手のハイキャリア向け求人に特化していることです。

年収が高めの求人しか掲載しておらず、コンサルやイケイケの外資ベンチャーの案件も豊富です。
20代で年収1,000万円超えの案件も多数あります。

合格可能性の評価などもしてもらえるので、自分の転職市場でのバリューを確かめるためにも登録してみるとおもしろいと思います。

登録はこちらから(公式サイト)

20代の転職で考えるべきこと

最後に、『20代の転職で考えるべきこと』について整理します。

20代での転職では、以下の三つを意識して考えてみると良い転職に繋がります。

  • 自分の現在の市場価値を知ること
  • 年収や条件の交渉をすること
  • キャリアプランを再考すること

まず20代の転職では、自分の現在の転職市場での評価を確認するということを意識してください。
転職市場での評価というのはいくつか指標がありますが、特に年収については最も大きなモチベーションになると思います。

新卒採用時には会社の人気ランキングなどでしかおおよその年収というのがわかりませんでしたが、実際に中途採用でエージェントなどをつけて転職活動を行うことによって、現時点での自分のスキルで得られる年収の相場が掴めるようになります。

年収の相場が掴めると、転職時の年収や労働条件の交渉がしやすくなりますし、特に最初の転職においてはそもそもどのように交渉すべきかといった点すらわからないはずなので、転職エージェントをしっかり使い倒すのが良いでしょう。

常に自分の市場価値を確認し、ベストタイミングで転職を狙うというのはビジネスマンとしての価値を高めるのに必須のスキルとも言えます。

さらに、20代での転職時に自分が所属している業界以外にも目を向けることで、将来的なキャリアプランの設計もしやすくなります。

転職エージェントの方は様々な転職に立ち会っているため、キャリアプランの引き出しを多く持っています。

20代の転職は自分の将来設計を考慮する重要な機会なので、なるべく多くの情報に触れて、しっかりと考える時間を取ると良い環境に巡り会えると思います。