未経験からITエンジニアに転職する方法【初心者プログラマ必見】

Artilce Thumbnail Image

インターネットが現れて以降、ネット上で様々な便利なサービスが生み出され、人々の生活の質はどんどん向上しています。
こういったサービスを開発しているのはITエンジニア/プログラマです。

エンジニアは給与も高く、極論すれば世界中のどこでも働くことができるなど、非常に魅力的な働き方ができる職業になっています。

世界中で大人気のプログラマという職業ですが、プログラマになるための特定の資格というものはありません。難しい試験を突破する必要もないので、誰にでも門戸が開かれた職業であると言えます。

しかし、なんのプログラミングの下地もない方がこの職業にいきなり飛び込むのは様々なハードルがあります。

そこでこの記事では、「未経験からITエンジニアに転職する方法」を具体的に解説します。

ITエンジニアの魅力・将来性

具体的な転職方法について考える前に、まずはエンジニアの魅力・将来性について確認してみましょう。
エンジニアになったときのイメージを持ち、モチベーションを高めておくことが転職成功の秘訣です。

ITエンジニアの魅力

私の経験から考える、エンジニア・プログラマの魅力は大きく以下の通りです。

  • 多くの人に価値を届けることができる
  • いつでもどこでも働くことができる
  • (ちゃんとした職場なら)高給、分野によってはアップサイドも大きい

エンジニアの魅力の一つ目は、「非常に多くの人に価値を届ける仕事ができる」ことでしょう。

一般的に、多くの職業は対面の相手に直接価値を提供する場合が多いと思いますし、多くの人に影響を与えるようなプロジェクトはお金もたくさん必要になったりします。

しかし、プログラマの仕事は、ネット経由で非常に多くの人に、低コストで価値を届けることができます。これはインターネットができたことによる大きな発展の一つで、誰でもパソコン一つで世界を相手にビジネスができる状況になりました。

また、それはつまり、いつでもどこでも働くことができるということも意味しており、非常に自由なライフスタイルを実現することができます。

最近だと日本の大企業でも、一部在宅勤務を解放するといった活動が進んできていますが、プログラマにとってはそんなの割と当たり前です。フルリモートで海外から仕事をする人も何人もいます。

また、一般的にプログラマの給与水準は高いです。

プログラマが携わる仕事は、労働集約的にならないような構造なので利益率が高くなります。
そのため、プログラマ自身の給与水準も高くなります。

プログラマになると、田舎に住んで生活コストを抑えつつ、都心や海外の給与水準で働くことができたりするのは大きな魅力ですね。

エンジニアの将来性

現状でもエンジニアの仕事は「現代の特権階級」と言っても良いほどのものではないかと思いますが、今後の将来性も抜群です。

エンジニアの求人情報を調べてみるとわかる通り、エンジニアは常に人手不足です。

プログラミングというのは、言語や分野に分けると非常に幅広い知識が必要になるので、基本的に専門分野ごとに別れることになります。そのため、ある程度大きなサービスを作ることになると、複数人のプログラマが共同して働く必要があり、そういった事情も考慮すると人手は常に足りていません。

さらに今後は、AIやロボットなどの業界でもプログラマの需要が増え、給与水準は今後も右肩上がりになることが見込まれています。

また、エンジニアの魅力の一つとして、フリーランスになりやすい職業であるという点もあります。

フリーランスになると、それこそ世界中どこでも、自分の好きなタイミングで仕事をすることができます。

ある程度実力を証明できる方であれば、日本からだけでなく世界各国から仕事のオファーが来るため、仕事に困ることもありません。旅をしながら生活するといったことも十分に達成可能です。


総括すると、はっきり言ってエンジニアのスキルを持っていて仕事にあぶれるということは現状ありえません

古典的な日系大手企業からエンジニアに転身した私が転職後に思ったことが、「エンジニアは最高の職業」だということです。

もちろん大変なことはあるのですが、働き方やそれに対する報酬体系などを考慮すると、医者や弁護士よりも圧倒的に働きやすいと思います。

エンジニアへの転職は本当に、人生が変わる体験だと思うので、ぜひチャレンジしてみると良いかと思います。

そして、未経験からのエンジニア転職を成功させるためには、ぜひそれを達成したときの具体的なイメージを持つことを忘れないでください。

未経験からITエンジニアになるための大方針

ここではまず、「未経験からITエンジニアになるための大方針」を整理します。

よく聞かれる質問をベースに、大まかにやるべきことをつかみましょう。

どれくらいのスキルがあればいいのか?基準は?

まずは「どれくらいのスキルレベルがあれば、エンジニアとして就職できるのか?」という質問です。

これは当然状況によっても異なりますが、私の答えとしては、「実際に動かして利用することができるサービスを2つ以上見せることができる」状態かなと思います。

要するに、ポートフォリオを持つことです。

ポートフォリオを持っている人は、採用する側の視点に立っても非常に評価が高いです。
なぜなら、スキルを証明するためのきっかけがつかみやすいからです。ポートフォリオを持っていない方の面接になると、コーディング面接や会話ベースで技術力を判断するしかなくなるため、場当たり的かつ抽象的になりがちです。

自分が作ったサービスがあれば、「どんなサービスなのか」「どのような技術を使っているのか」「苦労した部分とそれをどう解消したのか」などの質問が聞きやすく、実際にプロジェクトに入ってもらったときのイメージが湧きやすいのです。

また、一つのサービスしかないと、多面的な判断ができないので、できれば複数のサービスをポートフォリオに入れておくと良いと思います。

そのため、エンジニアとして転職するならポートフォリオをしっかりと持つことをオススメします。

注意点として、ポートフォリオで紹介するのは、革新的な素晴らしいサービスである必要はないということです。特に初心者の場合、Twitterのクローンサイトを自分で実装してみました、というレベルで大丈夫です。オリジナルアプリまで作れるとベターですが、マストではありません。

エンジニアは基本的には、仕様通りにうまく動くサービスを作り上げるのが仕事なので、サービスの内容自体が直接判断に影響することはあまりありません

もちろん、アイデアベースからプロダクトマネージャーなどと一緒に議論できるエンジニアは会社からも重宝されますが、まず目指すべきはスキルのアピールなので、ここで時間を使う必要はありません。
そういったスキルこそ、実践の場で磨かれるものなので、まずは個人の技術レベルをあげることに集中しましょう。

どれくらいの期間や投資が必要か?

まったく知識のない状態から、ある程度の戦力になるレベルのプログラマになるためには、500〜1000時間くらいかかるかと思います。

プログラミングだけに集中した状態で数ヶ月、働きながら勉強もして転職を狙うなら1年程度はみておいた方が良いでしょう。

投資する金額としては、プログラミングをするパソコンはもちろん必要ですが、プログラミングを学ぶためのオンライン教材などが充実してきているため、お金はほとんどかからないと考えても良いと思います。

スクールには通うべきか?

最近は、「未経験からのプログラマ転職」を謳ったプログラミングスクールが数多く出てきており、プログラマに転職したい方からもスクールに通うべきかという質問をいただくことが多いです。

たしかに、こういったプログラミングスクールは、プログラミングを教えてくれるだけではなく、転職活動のサポートまでしてくれるため、「未経験からのエンジニア転職」という目標を達成するためには選択肢の一つになるでしょう。

一方で、独学やオンラインでの勉強と比べるとコストもかかるため、以下のような条件を検討した上で、個人で判断すると良いかなと思います。。

  • とにかく短期で転職をしたい or プログラミングの勉強に時間をたっぷり割くことができる
  • 独学が極端に苦手(教えてもらった方が安心)
  • 転職時の年齢が30歳以上
  • そもそも転職活動が苦手

以上のような条件のどれかに当てはまるようであれば、スクールに通うのはアリかと思います。

私がオススメするオンライン型のプログラミングスクールはこちらの記事にまとめました。
>>>【現役エンジニアが教える】おすすめオンライン型プログラミングスクール

個々のレベルはともかく、こういったスクールがたくさん出てきている事の背景として、企業側が未経験のエンジニアを採用する土壌が整ってきているというのがあるので、こういった状況を有利に活用するのは賢い選択の一つかと思います。

知識がない状態でエンジニアになるのはありか?

よく「スキルも知識も全くなく、完全に未経験だが、やる気を買ってもらって入社させてもらう」といった話を聞くこともありますが、この方法は基本的にオススメしません

なぜならまともな経営者であれば、そもそもやる気があるなら入社前に一定程度のスキルを独学ででも身に付けてくるはずと判断するからです。自分で努力できる具体的な施策があるにもかかわらず、入ってから手取り足取り教えてもらおうという考え自体がエンジニアに向いていません

また、ほとんど何の知識もない状態で実践の場に飛び込むというのは、精神的にかなり大変な上に知識を最短で習得するという意味においてはむしろ足かせになります

基礎が身に付いていない状態でコードを書くと、そもそも見当違いな実装をしてしまい、後から直すのが大変な状態(いわゆる技術的負債)になってしまいます。さらに、そのような実装が自分の中で当たり前になってしまうと、そのクセをあとから修正するのが大変になります。

基礎を固める時期こそ、じっくりと腰を据えて学ぶ必要があるのです

具体的なスキルの身に付け方

大きな方針を確認したところで、具体的な勉強するべき知識を確認していきましょう。

ここでは、Web系(スマホアプリ含む)の会社に転職することを目的とした学習内容を考えてみます。

どの知識を学ぶべきか?

プログラミング初心者の方がまず躓くのが、「なにから学べば良いかがわからない」ということだと思います。

なぜこのような状況に陥るかというと、プログラミングは非常に多くの専門分野に分かれているからです。

この記事では、完全なプログラミング未経験者がプログラマとしての初キャリアを選ぶとした時に、「スマホアプリエンジニア」と「Webエンジニア」の二つの大きな方向性で解説していきます。

このほかにも区分するなら、「機械学習エンジニア」や「インフラエンジニア」など様々な種類がありますが、こういった職種は基礎を学んでない状態から始めるのは非常に難しいため、最初の転職の候補からは外す方が無難でしょう。

例えば機械学習エンジニアは、サービスから取得できるユーザーデータをベースにパターンを抽出することが多いですが、バックエンドの知識があるのとないのとで、仕事の広がりがまったく違ってきます。

そのため、まずはサービス全体としてコードとデータがどのようにつながっているのかを把握するため、アプリかWeb系開発の基礎を学ぶのが良いでしょう。

また、特にアプリとWebのどちらに興味があるという事でもない場合は、「スマホアプリエンジニア」としての勉強をすることをオススメします。
どちらかというとスマホアプリの方がプログラミングを始めるハードルが低いです。


スマホアプリエンジニアになるための勉強法

まずはスマホアプリエンジニアになるための勉強法をご紹介します。
こちらでは具体例を紹介していますが、ご自身の理解度や状況に応じて適宜修正してみてください。ただ、大まかな流れは共通のものだと思います。

iOSとAndroidのどちらをするべきか?

まず、アプリエンジニアになる時に必要なことは「iOSエンジニアになるか、Androidエンジニアになるか」を決めることです。

これは完全に私見になりますが、迷うようであればiOSエンジニアを目指すのが良いかと思います。

メインの理由としては、日本ではiOSデバイスの普及率が高く、その分求人も多いということが挙げられます。
また、iOSデバイスはメーカーがAppleだけなので、アプリの実装がデバイス側の仕様に左右されることが少ないです。Androidの場合だと、デバッグするだけで複数の端末を確認しなければならなかったり、本格的に取り組むには少しハードルが高いです。

ただ、Androidの求人も十分に数はあるので、逆張りで相対的にエンジニア人口の少ないAndroidエンジニアを目指すのも良いかと思います。

もしくは、そもそも自分が今使っているスマホのOSに合わせて勉強を始めると、そのまま実機でアプリを作成できるので、作っている実感が湧くかと思います。

また、最近はFlutterReact Nativeなどのクロスプラットフォーム(iOSとAndroidの両方のアプリを作ることができる)のフレームワークが出てきていますが、こちらは応用編なので初心者のうちは手を出さない方が良いでしょう。

ステップ1: Progate(プロゲート)で言語の基礎を学ぶ

本当にプログラミング言語の初心者のうちは、『Progate』というサイトがオススメです。

Progateは「オンラインでできるプログラミング学習サービス」で、パソコン1台あればすぐに始められる手軽さと、丁寧な解説が特徴です。

ブラウザ上で実際にコマンドを打ち込んで練習できるため、新しいプログラミング言語を学ぶ時の入門としても非常に重宝します。

iOSエンジニアを目指すのであれば、Switfのレッスン、Androidエンジニアを目指すのであれば、Javaのレッスンを進めてください。

ここで一つ補足ですが、Androidアプリを作るための言語はJavaだけではありません
他にも、最近勢いを増しているのがKotlinという言語で、実はこちらの方が新しく、扱いやすいと言われています。

ここでなぜJavaを選択するべきかというと、以下の理由があります。

  • Kotlinはまだ開発案件が少なく、習得者も少ないため実務向きではない
  • 既存のAndroidアプリのプロジェクトはまだまだJavaで動いていることが多い

以上の理由により、現段階でAndroidアプリのエンジニアを目指すなら、Javaを言語として選択するのが正解かと思います。

そして、このタイミングでコマンドラインの基礎も学んでおくと良いでしょう。コマンドラインとは、普段はマウスを使って扱っているコンピュータを文字通りコマンド(テキスト)だけで操作する技術で、プログラマには必須の基本スキルです。
コマンドラインのレッスンはこちらから勉強できます。

ここで得られる知識は、本当に基礎中の基礎ですので、まだアプリを作れるようにはなっていません。
あくまでのアプリを作成する知識を勉強するための準備体操くらいの感覚で進めましょう。

ステップ2: 技術書でコードを写経しながらアプリ作りの基本を学ぶ

次のステップは、技術書を購入してコードを実際に手を動かして書いてみる作業です。

ここで重要なのは、プログラミング言語の解説書を購入するのではなく、実際に動くあぷりがつくれるチュートリアル形式の本を購入することです。

人間は具体例を使って解説された時に、知識が頭に残りやすくなるのと、自分のポートフォリオを作成する時に同じように利用できるコードの例がたくさん載っているからです。

オススメ本をそれぞれいくつかピックアップしてみました。

iOSのオススメ本


Androidのオススメ本


ステップ3: 好きなクローンアプリを自分なりの実装で作成する

技術書でアプリ作成の基礎を学んだら、次は自分のポートフォリオ用に独自のアプリを作りましょう

ただ、独自のアプリとはいってもそれほど深く考える必要はありません。基本的にはクローンアプリで大丈夫です。

例えば、あなたのスマホアプリの中で真似をしてみたいアプリを一つ取り上げて、それを自分で作ってみるのです。

オススメは以下のようなアプリです。

  • スマホ標準の電卓アプリ
  • メモ帳アプリ
  • 外部の気象情報APIを利用したお天気アプリ

外部のAPIを利用するようなアプリは多少高度ですが、外部との通信はアプリ作成では欠かせないものとなっているため、ポートフォリオ内に持っておくとポイントが高いです。

ステップ4: ポートフォリオを作成する

最後のステップとして、ポートフォリオを作成しましょう。

アプリをストアに公開している場合は、そのアプリのURLを掲示するでも十分でしょう。

少しだけハードルは上がりますが、コードの履歴管理を行うGitを覚えて、GitHubに自分のコードをあげておくのも良いでしょう。

Webエンジニアになるための勉強法

続いて、Webエンジニアになるための勉強法を紹介します。

実はWebエンジニアはその専門性の高さから、様々な専門職に分かれていることが多いです。
大きな分類としては「フロントエンジニア」と「バックエンドエンジニア」などで分けられますが、もっと細かく「インフラエンジニア」や「データベースエンジニア」などにも分けることができ、全てをカバーしようとすると途方に暮れてしまいます。

ただ、Webエンジニアの共通の知識として、フロントエンドとバックエンドの技術の基礎は重要なので、それらを中心に理解していれば初心者の段階では合格点だと言えます。

実際に勉強を始めるときも、フロントエンドとバックエンドを一旦分けて勉強するのがいいかと思います。
その際、フロントエンドの勉強から始めるのがオススメです。

なぜなら、フロントエンドの開発は普段皆さんがみているWebサイトのように、目に見える部分を多く扱うため、実際に「なにかを作っている・進んでいる」という感覚を得やすいからです。

そのため、まずはHTMLとCSSというフロントエンドの基礎を学びましょう。

フロントエンドの基礎を学んだら、次はバックエンドの技術を学習します。、

バックエンドの技術を学ぶ時に考える必要のあることは「どの言語を学ぶべきか」という点が挙げられます。

結論から言うと、初心者のうちは求人の多い言語を選ぶべきになります。日本で働くことを前提とするとRubyが良いかなと思いますが、最近の機械学習への需要度の高さとWeb系技術にも応用できる汎用性の高さも考慮してPythonも選択肢として良いと思います。

これらの言語はスクリプト言語に分類され、比較的わかりやすい文法なのでプログラミング初心者にもオススメです。日本語のリファレンスやネット上のリソースも豊富なので、詰まったら検索すれば大体は解説が見つかります。

言語選びは迷うとは思いますが、未経験からWebエンジニアへの転職を目指すなら上記の二つのどちらかを選ぶと良いと思います。

たしかに言語選びは重要なポイントではあるのですが、ある意味でそれほど気にする必要もありません。なぜなら、エンジニアはプロジェクトによってはこれまでに経験したことのない言語を使用する必要も出てきたりしますし、一度一つの言語の基礎をマスターしておけば他の言語への応用は比較的簡単だからです。

あまり深く考えずに気に入った方を選びましょう。

ステップ1: Progate(プロゲート)でフロントエンド開発の基礎を学ぶ

Web系エンジニアの勉強も、言語の基礎を学ぶところから始まります。

こちらでもProgateを使うのが良いでしょう。

HTMLとCSSのレッスンはこちらです。

本当に基本的なところをしっかり学習できるため、基礎固めはこちらで十分でしょう。

ステップ2: カッコいいと思うサイトのデザインクローンを作る

基本を学んだら、もう少し実践的な勉強をします。

自分がカッコいいと思うサイトのデザインを真似する練習が非常に効果的です。

もとのデザインを自分で考える必要がないのと、ブラウザ上からソースコードを確認すれば、どのようにそのデザインを実現しているかがわかるからです。

各ブラウザには、今見ているホームページのソースコードをみることができる機能が備わっており、大抵のブラウザではそのページ上で右クリックをすることで「ページのソースを表示」といったオプションが出てきます。

[ブラウザで右クリックしたときのオプション]
ブラウザオプション

自分が知らないパラメータが出てきた時に一個ずつ調べながら勉強すれば、HTMLとCSSの基本的な力がどんどん伸びていきます。

かっこいいサイトをみつけたら、そのソースコードがどうなっているのかをみるクセをつけてもいいかもしれません。

また、もう少し体系的にHTMLとCSSを学びたいのであれば、書籍を使うのも良いです。オススメ本も紹介しておきます。


ステップ3: Progate(プロゲート)でバックエンド開発の基礎を学ぶ

フロントエンドの勉強を一通り終えたら、次はバックエンドの勉強に入ります。

バックエンドの技術とは、要するにフロントエンドで作成したページにデータを流し込む技術のことです。

すでに述べたように、これからWebエンジニアになるのであれば、RubyPythonのどちらかを勉強することをオススメします。

ここでもProgateで基礎を学ぶといいでしょう。
RubyのレッスンPythonのレッスンで基本的な文法を無理なく学べると思います。

ステップ4: WebフレームワークでWebサービス作成を学ぶ

ここまでで、RubyかPythonというプログラミング言語の使い方を学びましたが、実はWebサービスを作る際にはこれらの言語で全てサーバーサイドのコードを一から書き上げるのではなく、Webフレームワークを使うのが主流になっています。

Webフレームワークとは、Webサービスの開発をサポートするライブラリのことです。
要するに、Webサービスでよく使う機能を、一定の書き方で簡単にかけるようにした便利ツールと考えると良いです。

Webフレームワークには言語によってもいくつか種類が分かれるのですが、RubyのフレームワークとしてはRuby on Rails、PythonのフレームワークとしてはDjangoが最も人気があります。

それぞれのフレームワークの公式サイトには、簡単なアプリを作るチュートリアルがあるので、まずはそこから取り組んでみるといいでしょう。

Ruby on Railsの場合は、Progateにレッスンもあります

Djangoの場合は、DjangoBrothersというサイトが、日本語のチュートリアルの中では最も丁寧に解説してくれています。

その他に、以下の書籍をオススメします。

Ruby on Rails


Django

ステップ5: ポートフォリオ用のWebサービスを作る

Webフレームワークを大まかに理解することができたら、いよいよポートフォリオ用のサービスを作っていきましょう。

自分のオリジナルのサービスを作ってもいいのですが、特に思い付かない方にはTwitterInstagramのクローンサイトを作るのがいいかと思います。

これらにはWebサービスの基礎であるCRUDの概念や、ユーザー管理が含まれており、基本的なスキルを一通り証明できるようになると思います。

もちろん、現在のそれらのサービスを完全に再現する必要は全くありません。例えば、ツイッターは画像つきの投稿やブックマークなどのある程度高度な実装までは再現する必要はないでしょう。自分のできる範囲で頑張れば大丈夫です。

以上が、Webエンジニアになるためのステップになります。書き出してみると簡単そうに見えるかもしれませんが、技術的に詰まったりするとなかなか大変です。

モチベーションを保ったままぜひとも走り抜けてください。

未経験からのITエンジニア転職活動

スキルを身に付けたら、実際に転職活動を行いましょう

まずは大きな方針を示します。

未経験からのエンジニア転職を成功させるための大方針

エンジニア転職を成功させるためのポイントは大きく次の3つになります。

  • ポートフォリオを最大限アピールできるようにする
  • 転職エージェント or スクールの転職サポートを活用する
  • 転職先を見極める

一つずつみていきましょう。

ポートフォリオをアピールする準備をする

未経験からのITエンジニアへの転職活動において、ポートフォリオの存在はとても重要です。

なぜなら、エンジニアとしての実績がないため、技術を証明するポイントがそこしかないからです。

ほかにも、基本情報技術者試験に合格しておくなど、アピール材料を用意することはできますが、実際のコードを見せることほど確実なものはありません。(基本情報技術者試験の合格法についてはこちらの記事でも紹介しています。)

そのため、面接の際にもきちんと自分のポートフォリオのプロジェクトの技術的な説明をできるようにしておくべきです。

また、転職の面接時の準備として、最低限なぜエンジニアになりたいと思ったのか、どのように勉強してきたのかを語れるようにしてください。

例えば、いつからエンジニアの勉強をはじめて、最初に何に取り掛かったか、そこでどのように詰まったことがあったか、どのように解決したかなどを語れると、エンジニアとして自立して仕事ができるイメージを与えることができます。

さらに付け加えるなら、TwitterなどのSNSやブログなどで、勉強してきた道筋を発信すると効果的です。

自分の知識の整理にもなりますし、基本的に経営者などはアウトプットを積極的に行うような候補者に好印象を持ちます。

転職サイト・エージェント・スクールのサポートを最大限活用する

すでにIT系の業界にいるならともかく、完全に別の業界からのエンジニア転職であれば、転職エージェントをつけることをオススメします。

スクールに通っている方は、転職サポートサービスがついている場合も多いので、そちらを活用するのが良いでしょう。

これまでの仕事の経験とは全く異なるスキルや知識をゼロからアピールすることになるため、エンジニア転職の時に伝えるべきポイントなども熟知しているエージェントにサポートしてもらえるのは非常に心強いです。

さらに転職エージェントは転職のプロであるため、異業種からのエンジニア転職に挑戦するような積極的な候補者をしっかりと売り込んでくれます

エージェントとのやりとりは面倒な部分もあるため敬遠する方もいますが、特に最初の転職であるほど、転職の型を身に付けることができるので有用だと思います。

登録必須の転職サイト・エージェント

エンジニア転職にオススメの転職サイトとエージェントを紹介しておきます。

私がオススメする転職サイト・転職エージェントはこちらの記事にまとめました。
>>>【ITエンジニア転職】プログラマにオススメの転職エージェント【現役エンジニアが選定】

実は、完全未経験でのエンジニア転職に対応しているエージェントはそれほど多くありません。
未経験からのエンジニア転職のサポートもしてくれるエージェントも厳選したので、こちらから選んでおけば問題はないかと思います。

転職先を見極める

少し本筋と逸れますが、重要なポイントとしていい会社に転職することが挙げられます。

そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、エンジニアとしての仕事環境もピンキリであることを意識せずに転職をしてしまうと、高収入を見込めないだけではなくプログラミング自体に嫌気がさしてきてしまうということに繋がります。

私がオススメするエンジニアとして転職する企業を見極めるポイントは次の通りです。

  • 今現在で勢いのある、自社サービスを運営している会社
  • 所属しているエンジニアがSNSで社内やイベントの様子をしっかり発信している会社

このどちらかに当てはまっていると、エンジニアの職場としていい環境であることが多いです。

一つ目のポイントは要は、勢いのあるスタートアップと言い換えてもいいかもしれません。

必ずしも資金調達額がその会社の将来的な成功を決めるわけではありませんが、ある一定以上の市場評価を得ていることに加えて、資金もそれなりにあるという状況なので給与が極端に低いといったことも少ないです。
また、ストックオプションなどの付与も考えられ、将来的に大きなお金を得る可能性もあります

自社サービスを運営しているというのもポイントの一つで、クライアントの要求仕様を満たすだけでなく、自分たちでサービスの設計まで見ることができるという経験は、エンジニアのキャリアとしてはとても大事なものになってきます。

さらに、社内のエンジニアが積極的に社内のことを発信しているというのもポイントが高いです。

優秀なエンジニアほど頻繁にアウトプットをするので、SNSなどでも力を持っていることが多いです。
そういった『優秀なエンジニアが所属する組織 = いい環境の企業』と考えることができます。

そもそもエンジニアとしての環境が悪ければ、SNSでも基本的には愚痴を言うだけです。
社内の交流の様子などを発信しているというのはそれくらいフランクに発信できるだけの環境であると言う証左であると言えます。

まとめ

以上、未経験からのITエンジニア転職を実現させる具体的な方法について解説しました。

みなさんのハッピーなエンジニアライフを応援しています。

また、個別のご質問やES添削の依頼などは私のツイッターまでご連絡ください。