【2019年版】基本情報技術者試験に合格した人の勉強法

Artilce Thumbnail Image

基本情報技術者試験は、IT系の基礎知識を証明することができる国家資格の一つで、ITエンジニアの登竜門とも言える資格の一つです。

情報・工学系の学生でなくとも、基本的なITの知識を理解することができますし、大学生のうちに取得しておくと、確実に就職に有利になります。

★基本情報技術者資格を活かした転職法も紹介しているので、こちらも参考にしてください
>>>基本情報技術者にオススメの転職戦略【就職・転職に有利】
>>>【ITエンジニア転職】プログラマにオススメの転職エージェント

基本情報技術者試験は独学でも十分に合格できる試験ですが、効率的な勉強法を調べても、個人の体験談レベルの話が少しある程度です。それも、体系的に試験全体の対策をきちんと書いてある記事はほとんどありません

そこで、私自身が試験に合格した時に調べたあらゆる情報をまとめて、試験の全体像と合わせてこちらでご紹介します。

基本情報技術者試験(FE試験)とは?

情報処理技術者試験の一区分であり、スキル区分2に相当する国家資格です。
IT関連の企業に入った新人が最初に取らされることも多いです。

ITエンジニアとしての基本的な知識・技能を持つことを証明するもので、大学生や高校生でも、就職の際のアピール材料の一つになります。

試験は年二回、春試験と秋試験。
試験の具体的日程や申し込みはをIPAのサイトを参照してください。

試験は全てマーク式で、基本知識を問う全問必答の午前試験と長文の穴埋め形式で応用力を問う一部選択式の午後試験があり、それぞれ6割の得点率で合格となります。試験時間はそれぞれ150分。

合格率は毎回約20〜30%。合格者の平均年齢は25歳程度。受験資格や年齢制限は無し。

IT系の資格と言っても基本的な知識を問うものなので、文系出身者や、ITの事前知識がない人でも多く合格しています。
また、予備校での講座をとる人もいますが独学で十分合格可能な試験でもあります。

基本情報技術者試験の上位資格として、応用情報技術者試験も存在します。
基本情報技術者資格の次のステップとして検討してみると良いでしょう。こちらの記事で勉強法を公開しています。
>>>【2019年版】応用情報技術者試験に合格した人の勉強法【勉強時間・難易度は?】

試験勉強の全体像

必要な勉強時間

事前知識のない人なら150〜200時間程度必要です。(一日1〜2時間で、3ヶ月〜6ヶ月ほど)

事前知識がある、もしくは集中して時間が取れる学生などであれば、最短1〜2週間でも合格できます。(後述しますが、特にプログラミング言語の知識があるとかなり時間短縮になります)

合格者の勉強スケジュール

合格者の勉強法には一定のパターンがあります

もちろん自分にあった独自のスタイルを持つ人も多いはずですが、合格する人に共通する部分はやはり多くの人にとっても重要な部分だと考えられます。

以下が基本のパターンです。

  • やさしめの参考書を読む(2〜3回)
  • 午前の過去問を解く
  • プログラミングの勉強
  • 午後の過去問
  • 最終チェック

独学はメインの参考書を1冊購入して、過去問演習で網羅的に知識を補完していくといった戦略になります。

補足

FE試験の参考書は市場に多く出回っていますが、試験範囲を完璧に網羅した参考書は存在しません

しかし、この試験ではよく出る分野が限られているため、細かい知識を問う問題への対処は全く必要ありません。参考書は自分に合った読みやすいものを一つ選べば大丈夫です。後述するものの中からならどれでも間違いはないでしょう。

また例年、(特に午前試験は)過去問とまったく同じ問題、ほとんど同じ問題が数問でるので、過去問演習は非常に重要です。

逆に言えば問題演習は過去問のみで十分合格点に乗ってくるので、予想問題集などは基本的には必要ありません。

午前試験の対策

まずは午前、午後の両方で必要になる基本的な知識をインプットすることから始めます。
テキストは難しくなくてもいいので自分が読みやすいものを選びましょう。細かい知識は過去問演習で十分補えます。

特に評判が良いテキストは以下の3つです。
合格者アンケートではこれらがトップ3にきていました。

私個人が見比べた感じではキタミ式が最も情報量が多く、楽に読み進められます。

テキストを読む

まずはテキストを一度全部読み通します。

ここでは知識の定着を求める必要はありません。この試験で問われる内容を大まかに知ることを目標とします
テキストによっては過去問が一部載せられているので、問われ方のイメージを掴みましょう。

時間がある方は、テキストをもう1〜2周しましょう

今度はある程度知識を定着させていく意識を持って読み進めます。
しかし、ここでも暗記は必要はありません。

後の問題演習で解説を見た時に知識を思い起こすことができるレベルにする作業です。忘れて当然くらいの気持ちでいきましょう。

また、計算問題を実際に自分の手で解いてみて、計算プロセスを一度頭で理解しておく経験をこの段階で踏んでおくとよいでしょう。

過去問を解く

ここで実際に過去問を解いてみましょう。できれば3期分。

はじめは分からない問題ばかりだと思いますが、最後まで解いてみましょう。答え合わせでは間違えたところに印をつけて、該当部分のテキストを読んで少しづつ知識を定着させます。

本としての過去問は以下の2つが人気です。知識自体はテキストで補完できるので、解説は多少あっさりしていても問題ありません。

また、過去問に関してはネット上にも情報が揃っています。
それなりに解説もしっかりしているので、なるべくお金を掛けたくない方は以下で対策してもオーケー。

『情報処理試験.jp』

『基本情報技術者試験ドットコム』

計算問題がそれなりに出題されますが、問われる分野はかなり限られているのでしっかり対策しましょう。

計算問題を捨てて臨むと合格は厳しくなります

さらに過去問を解く

過去問3期分をしっかり復習したら、時間が許す限り過去問を解きまくりましょう。

ここからは点数も意識して合格ラインに乗せていきます。

過去問を解いていればわかりますが、同じような問題が何度も出てくるのでやればやるほど点数が上がっていきます。7割5分程度とれていれば本番でも十分合格できるので、午後試験の対策に移りましょう。

補足

予想問題集は必要ないとの声がほとんどでした

実際、過去問と同じ問題が出ることもあるくらいなので過去問をたくさん解くことが一番の近道です。

また、それぞれの分野でよく問われる問題は限られているので、過去問を数回やって一度しか出ないような知識は捨てて大丈夫です。

午後試験の対策

午後試験は人によって勉強時間が大きく変わると言われています。

それは主にプログラムに関する問題が原因です。

C言語やJava等のプログラミング経験がある人はその分時間を短縮することができます。
また、最初の選択問題(7題中5題選択)は基本的には午前試験の知識があれば解けるものとなっているので、問題形式に慣れることと、自分にとって解きやすい問題を見極める訓練を積めば対策できます。

よって、午後試験のメインの勉強は解答必須のアルゴリズム問題とプログラム問題ということになります。(これら2題はそれぞれ20点ずつの配点となるので、試験のカギを握ると言っても良い)

プログラム問題

選択肢

プログラミング言語の選択肢は5つあります。

  • C言語
  • COBOL
  • Java
  • アセンブラ
  • 表計算

何かしらの言語の経験があって、過去問題を眺めてみておおよそ理解できるレベルであればその言語を選択しましょう。

言語の経験がない・もしくは短期間での対策になる人は表計算を選択するのが無難であると言われています。エクセルを使用したことがある程度なら表計算を選択しましょう。

ただし、IT関連企業の就職の際にはどの言語を選択したかを聞かれる場合もあるので、できれば自分に必要と思われる分野を選択する方が良いです。(C言語かJavaが若干就職には有利との情報も)

勉強法

午後試験専用のプログラミング言語の対策本は選択肢はほとんどありません。

具体的な対策としては個々の言語の基本的なテキストを購入して自分で少しづつプログラムを組んでいくのが地味ではあるが一番効果的です。

特にC言語とJavaの人気のテキストは以下の2つ。

以上のテキストで勉強するのに加えて、過去問を利用して解答プロセスを身につけます。

午前問題のように全く同じ問題が出ることはありませんが、問われる範囲は限定的であることがわかるので、こちらも予想問題集等は必要ありません。

アルゴリズム問題

テキスト

アルゴリズムは解答必須なので、しっかり対策する必要があります。

問題演習が充実しているという点で以下のテキストをお勧めします。

補足

初めの選択問題で問われる範囲は午前試験と同様なので、知識面での新たなインプットは特に必要ありません

こちらは問題の形式になれるために過去問を2〜3回解いていれば十分です。(知識のヌケ・モレがあったらテキストに戻る)

午後試験は問題量が多く、よく時間が足りないと言われます。過去問演習をする際には必ず一度は時間を計って時間配分を確認すること。

試験当日の過ごし方

前日までに用意するもの

  • 写真を貼った受験票
  • 時計
  • 鉛筆 or シャープペンシル

写真を貼り忘れる人が意外といるそうなので注意。
時計がある教室もありますが、持っていった方が無難です。

会場まで

必ず一度は受験会場までの行き方を確認しておくこと。

会場によっては最寄りの駅から臨時専用バスが用意されていることもあるので、利用すると便利。
電車やバスの中ではテキストを読んで最後のインプットをしましょう。

会場には10分前までに入室する必要があります。
30分までは遅刻も許されますが、特に午後試験は時間が足りなくなるのできちんと時間通りに入室しましょう。

また、試験時間が長いので、トイレは必ず済ませておきましょう。

試験中

まずはしっかり受験番号を記入しましょう。忘れると採点されません。
そのあとは今までの努力を全力でぶつけましょう。試験時間終了まで諦めない気持ちが大事です。

計算問題なんかははじめは分からなくても時間をかければ解けることもあります。

試験後・合格後には

約3週間で合否がネット上で公開されます。

基本情報技術者試験に合格したら、応用情報技術者試験にもチャレンジしましょう!
こちらの記事で勉強法を公開しています。
>>>【2019年版】応用情報技術者試験に合格した人の勉強法【勉強時間・難易度は?】

さらに資格取得後には、資格を活かした転職を進めるのがオススメです。

基本情報技術者資格を活かした転職をするための方法を紹介しているので、こちらの記事も参照してください。
>>>【基本情報・応用情報】情報処理技術者にオススメの転職戦略【就職・転職に有利】
>>>【ITエンジニア転職】プログラマにオススメの転職エージェント

資格だけでなく、より実践的なスキルを身に付けたい方向けには、オンライン型のプログラミングスクールもおすすめです。
こちらの記事で紹介しています。
>>>【現役エンジニアが教える】おすすめオンライン型プログラミングスクール