【基本情報・応用情報】情報処理技術者にオススメの転職戦略【就職・転職に有利】

Artilce Thumbnail Image

私は大学生のときに基本情報技術者試験と応用情報技術者試験に合格しましたが、就職活動や転職活動で実際に資格取得が役に立ちました

たとえば、新卒で入った会社はIT系ではありませんでしたが、基本的なIT系の知識やスキルがあると評価され、就職面接や社内面談でも高評価をいただきました

また、その後に転職したIT系の企業では、エンジニアとしての職歴がゼロであったにもかかわらず、自分のポートフォリオと合わせてエンジニアとしての転職を実現できました

そこで、情報処理技術者資格をどのようにアピールし、どのようなキャリアパスを作ることができるのかについて、おすすめの転職戦略と合わせてご紹介します。

基本情報技術者・応用情報技術者資格のメリット

基本情報技術者試験は、IT系の基礎知識を証明する国家資格の一つで、ITエンジニアの登竜門とも言える資格の一つです。
また、応用情報技術者試験は、高度IT人材になるための応用的知識と技能を証明する資格です。

特にIT系の企業に就職するならマストで身に付けておきたい知識を学ぶことができるので、エンジニアになる方は取得するメリットしかありません。

また、エンジニア以外の方でも、基本的なIT系の知識を理解していることを証明できるため、昨今のIT社会では必須の基礎知識を保有していることをアピールできます。

よく勘違いされることが多いですが、これらの資格はIT系以外の企業でも評価されます
IT系以外の企業で働いた経験がある方はわかるかと思いますが、日本のサラリーマンの平均的なITスキルは低いです。

私自身も、古いお役所的な意思決定を元に、検討違いなセキュリティ対策をしている例をたくさんみてきました。

そういった環境で、全くIT系の知識がないのと基本がわかっている人とでは社内の評価も相当変わります

基本情報技術者と応用情報技術者の資格は独学でも合格することができますし、大学生などの時間のあるうちに取得しておくと、就職活動でも有利になります。

情報処理技術者試験の独学での勉強法はこちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください。
>>>【2019年版】基本情報技術者試験に合格した人の勉強法
>>>【2019年版】応用情報技術者試験に合格した人の勉強法【勉強時間・難易度は?】


おすすめの転職戦略

情報処理技術者資格を転職市場で活かすには、資格を効果的にアピールする方法を学ぶことと、資格取得者をきちんと評価してくれる企業を探し出すことの二つがポイントになります。

情報処理技術者資格に限らずですが、保有資格を転職で最大限活かすことができている人は少数派です。

これは『資格をどのように仕事で活用できるか』についてあまり考えずに転職活動をしてしまうからなのですが、実際に初めての転職活動を行う方などは、そもそもどのようにその資格の活用についてプレゼンできるかのイメージがついていない人が多いです。

そのため、資格を活かした転職をするには、転職のプロである転職エージェントに相談するのが近道です。

転職エージェントは候補者の方のいいところを引き出し、企業側にアピールするスキルに長けているため、候補者の転職ポテンシャルを高めてくれます。

さらに、保有している資格がどのような企業のどのようなポジションに求められているかという視点から、転職先の企業を探してマッチングしてくれるため、希望の条件の企業に転職できる確率が上がります。

加えて、転職エージェントは転職サイトには出てこない非公開求人を多数持っているため、理想の職場に転職するためには登録は必須です。


転職サイトと転職エージェントに登録する

効果的に資格をアピールするためにはぜひ転職エージェントを使いましょう

特に初めての転職の場合には、どのように面接官にアピールすると資格取得がプラスに働くかがわからない場合が多いので、資格取得者の転職経験が豊富なエージェントに相談すると良いです。

一度このような資格を活かした転職の『型』を身に付けておけば、今後のキャリアの中での転職活動もスムーズに進められます。

おすすめの転職サイトと転職エージェント

私も実際に利用した、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

特に『資格取得を効果的にアピールできる』スキルを持ったエージェントを中心に選定しました。

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

【公式サイト】https://doda.jp

dodaエージェントサービス』は転職サイト『doda』を運営しているパーソルキャリアが手がける転職エージェントサービスです。

資格取得者向けの転職にも慣れており、求人も豊富です。
大手企業だけでなく、ベンチャーや外資系企業の案件もたくさん紹介してもらえます。

サイトとエージェントの両方に登録して利用するのが得策でしょう。

登録はこちらから(公式サイト)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

マイナビエージェント』は大手の転職サイトも運営している、信頼のおけるエージェントサービスです。

特に若手や、初めての転職の方のサポートが厚い印象で、エージェントの方が非常に丁寧に対応してくれます。

求人数も申し分なく、応募書類の添削から、面接対策まで行ってくれるので転職初心者にも安心です。

また、ITエンジニア向けの転職に特化した『マイナビエージェント×IT』もあるので、エンジニア転職をするにはこちらを利用しましょう。

登録はこちらから(公式サイト)

type転職エージェント

type転職エージェント

【公式サイト】https://type.career-agent.jp

資格を活かした転職でおすすめのエージェントが『type転職エージェント』です。

同企業が運営している『type』では、保有資格別に求人を調べられるため、こちらで『基本情報技術者』などで求人を絞った上で、エージェントに相談するのが効率的です。

他のエージェントと比べると案件は少ないですが、その分エージェントが割いてくれる時間も多く、初めて転職する方にとっては安心できる要素だと思います。

また、このエージェントの独占案件もいくつかあるので、登録しておいて損はありません。

ただ、求人は関東圏が中心になるので、地方での転職を考えている方は他のエージェントを利用するのが良いかと思います。

登録はこちらから(公式サイト)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com

資格転職をする上でぜひ登録しておきたいのが、『リクルートエージェント』です。業界No.1の転職エージェントサービスで、非公開求人の質と量が圧倒的です。

また、『リクナビNEXT』の案件と連携できるので、こちらで求人を探し、リクルートエージェントの担当者に相談するというのが効率的になります。

そうすることによって、その求人よりもさらに良い条件の非公開求人まで紹介してくれることがあります。

年収アップのための交渉にも強いため、初めての転職でも安心して任せることができます。

登録はこちらから(公式サイト)

資格を活かした転職をするときに重要なこと

資格を活かした転職をする際に重要なことは『資格に頼りすぎない』ことだと思います。

これまで説明してきたことと矛盾するようですが、資格はあくまで自分の知識や実力を補完する役割にすぎないということを忘れてはなりません。

資格を効果的にアピールするためには、その資格がどのように実務に役立つのかを説明し、資格を取った先にどのようなキャリアを思い描いているのかを明確にすることが、転職成功の第一歩になります。

資格勉強と同じで、転職も努力がしっかりと成果に結びつきます。

最高の転職ができるように頑張りましょう。