【2019年版】応用情報技術者試験に合格した人の勉強法【勉強時間・難易度は?】

Artilce Thumbnail Image

応用情報技術者試験は、高度IT人材になるために必要な応用的知識・技能を証明するための国家資格の一つで、ITエンジニアの登竜門とも言える基本情報技術者のワンランク上の知識を証明する資格です。

情報・工学系の学生でもしっかり勉強しないと落ちてしまうような資格試験なので、大学生のうちに取得しておくだけで、一目を置かれるレベルになれますし、就職や転職で確実に有利になります。

★情報技術者資格を活かした転職法も紹介しているので、こちらも参考にしてください
>>>【基本情報・応用情報】情報処理技術者にオススメの転職戦略【就職・転職に有利】
>>>【ITエンジニア転職】プログラマにオススメの転職エージェント

応用情報技術者試験は難易度の高い試験ですが、独学でも十分に合格できます

しかし、体系的に試験合格者の勉強法をまとめてある記事がないため、こちらの記事で解説していきます。

応用情報技術者試験(AP試験)とは?

情報処理技術者試験の一区分であり、スキル区分3に相当する国家資格です。
IT関連の企業に入社したエンジニアが、基本情報技術者試験の次に取得を促される資格の一つです。

試験区分

ITエンジニアとしての業務でも通用するような知識をを証明することができる資格なので、就職や転職の際のアピール材料の一つになります。

試験は年二回、春試験と秋試験。
試験の具体的日程や申し込みはをIPAのサイトを参照してください。

試験は選択式の午前試験と記述式の午後試験に分かれており、それぞれ150分の時間が与えられます。

合格率は毎回約20〜25%。合格者の平均年齢は29歳程度と、ある程度実務経験を得た合格者が多めの印象です。

合格率は基本情報技術者試験とそれほど変わりませんが、試験を受けるのは実務経験のあるIT技術者や基本情報技術者試験に合格済みの方である場合が多いので、難易度は格段に高いと考えた方が良いです。

試験勉強の全体像

必要な勉強時間

事前知識のない人なら500時間程度が平均です。

基本情報技術者試験に合格する程度の知識を持っていれば200時間ほどで合格できます。

合格者の勉強スケジュールのポイント

やはり、合格者の勉強法には一定のパターンがあります

応用情報技術者試験に合格された方の勉強法のポイントは以下のとおりです。

  • 午後試験対策を厚めに行う
  • 午前試験はひたすら過去問演習を行う
  • 午前試験の勉強が終わったら、あとは午後試験の対策のみ

応用情報技術者試験では、なんといっても午後試験が山場です。

午後試験は記述式の試験でもあり、マーク式のテストのようにラッキーで合格できるような内容ではありません。そのため、しっかりとした知識をつけなければ合格するのはまず無理です。

一方で、午前試験の方はマーク式でもありますし、基本的には過去問演習をひたすら繰り返せば十分に合格点に乗ってくるので、テキストの読み込み+過去問演習を集中的に重ねれば問題ありません。

しかも、午後試験の勉強は午前試験の知識にも役立ってくるので、最初に集中的に午前試験の勉強を終わらせたあとは、ひたすら午後試験の演習に取り組むというスタイルが王道です。

要するに、独学の場合はメインの参考書を1冊購入し、過去問演習で網羅的に知識を補完していく+午後試験の問題集をできるだけたくさんこなすといった戦略になります。

午前試験の対策

午前試験の対策は、過去問演習をひたすらやりこむの一択です。

なぜなら、午前試験の問題の約半数が過去問と同じ問題だからです。

似たような問題ではなく、全く同じ問題が半分近くも出題されるのです。となると、過去問演習がいかに重要なポイントになるかがわかると思います。

ベースになる知識はテキストで補完しながら、過去問演習をひたすら繰り返しましょう。

目安としては、5期分を2回ほど解けば、合格点である60%を十分に超える点数になると思います。

テキストと過去問は以下のものを選べば間違いありません。

また、過去問は『応用情報技術者試験ドットコム』というサイトで無料でも公開されています。
解説はさらっとしてますが、無料で大量の過去問を解きたい場合には利用すると良いでしょう。

テキストで学習するときは、計算問題をしっかり自分の手で解いてみるということを忘れないようにしてください。計算プロセスの理解は午後試験にも役立ってきます。

過去問演習で8割以上の得点率になれば、午後試験の対策に移ります。

午後試験の対策

午後試験は分野選択ができる記述式の試験です。

解答する分野を選ぶことができるので、自分の得意分野に集中的に勉強時間を割くのが良いでしょう。

選択できる分野は以下の通りです。

  • 情報セキュリティ(解答必須)
  • 経営戦略
  • プログラミング
  • システムアーキテクチャ
  • ネットワーク
  • データベース
  • 組込みシステム開発
  • 情報システム開発
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム監査

実際には、過去問を1〜2期分解いてみて選択分野を決めるのが良いです。

セキュリティは必須の分野なのでしっかり対応する必要がありますが、その他は自分が一番点数を伸ばせそうな分野を選択します。

勉強のバランスは人それぞれですが、一般的に『システム監査』や『プロジェクトマネジメント』のような文章理解・説明系の分野と、『プログラミング』や『データベース』などの技術系の分野を半々にすることが多いようです。
余裕があれば、選択した4分野以外も学んでおくと、当日難しい問題が出たときに対応しやすくなります。

午後試験のおすすめテキストは以下です。

これら二つのテキストのどちらかで、セキュリティ+選択した4分野の問題を解き、しっかりと解説を読んで理解しましょう。

出題される問題はよく読んでみると基本的な問題が多く、簡単な問題をしっかり取り切れば合格ラインの60%正答率は超えてきます。

一方、勉強する分野が広すぎるので、参考書はそれぞれの分野の解説は結構あっさりしています。そのため、ネットなどで情報を補完しながら勉強するのが重要になります。

午後試験は午前試験と違って、長文を読み込んで理解する力・応用する力が求められるので、勉強していても楽しいと思います。より実践的な内容を学ぶことができるので、楽しみながら対策すると良いでしょう。

試験当日の過ごし方

前日までに用意するもの

  • 証明写真を貼った受験票
  • 時計
  • 鉛筆 or シャープペンシル
  • 消しゴム

写真を貼り忘れる人が意外といるそうなので注意してください。忘れると受験できません。
時計がある会場もありますが、持っていった方が無難です。

会場まで

必ず一度は受験会場までの行き方を確認しておくこと。

会場によっては最寄りの駅から臨時専用バスが用意されていることもあるので、利用すると便利です。
電車やバスの中ではテキストを読んで最後のインプットをしましょう。

会場には10分前までに入室する必要があります。
30分までは遅刻も許されますが、特に午後試験は時間が足りなくなるのできちんと時間通りに入室しましょう。

また、試験時間が長いので、トイレは必ず済ませておきましょう。

試験中

まずはしっかり受験番号を記入しましょう。忘れると採点されません。
そのあとは今までの努力を全力でぶつけましょう。試験時間終了まで諦めない気持ちが大事です。

計算問題なんかは、はじめは分からなくても時間をかければ解けることもあります。

試験後・合格後には

約2ヶ月で合否がネット上で公開されます。

合格後には、資格を活かした転職を進めるのがオススメです。

情報処理技術者資格を活かした転職をするための方法を紹介しているので、こちらの記事も参照してください。
>>>【基本情報・応用情報】情報処理技術者にオススメの転職戦略【就職・転職に有利】
>>>【ITエンジニア転職】プログラマにオススメの転職エージェント

資格だけでなく、より実践的なスキルを身に付けたい方向けには、オンライン型のプログラミングスクールもおすすめです。
こちらの記事で紹介しています。
>>>【現役エンジニアが教える】おすすめオンライン型プログラミングスクール